[PR]








主人の暮らすマンションに着いた私と姑は

部屋へ向かう途中ドキドキしていました。

姑はマンションの中に入ってからずっと

「タカヒロ」と独り言を呟き、少し情緒不安定に

なっているみたいでした。

そしてついに部屋の前まで来ると、私は

玄関のチャイムを鳴らしたのでした。

隣に立っている姑はなぜか鞄の中から数珠を取り出し

手を合わせて拝み出していました。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




それはある週末の出来事でした。

私と姑は主人が休みで家にいる所を

直撃することにしたのです。

それは姑の提案でした。

「タカヒロの目を覚まさせる!」

姑はそう力強く私に告げたのです。

姑と主人は喧嘩してからずっと会っておらず

私も同じくらいの間会っていませんでした。

久しぶりの再会がどんな展開をもたらすのか

分かりませんでしたが、私は姑と二人で

主人の暮らすマンションへと向かったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活




主人の浮気相手である祥子さんと

「バチバチにやりましょ」と言いあった姑は

心の中になにかとても強い思いを育んでいるようでした。

息子を浮気女から取り返すために

母親として立ち上がろうとしているのか、

私は覚醒し始めた姑の様子を近くから

見守る事にしました。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>








姑はそれから毎日のように、家の中で

「息子を返したまえぇ」と独り言を呟くようになり

私は見ていられませんでした。

早く祥子さんから主人を取り戻さないと

姑はこのままじゃ廃人になってしまうかもと思ったのです。

そして姑に頼まれて、平日の午後には

姑と一緒に主人の暮らす家に出かけ

姑は持参した塩を部屋中に撒くのでした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




姑と一緒に家に戻ると、姑はすぐに

家の隅っこで目を閉じて手を合わせ

何者かに祈りを捧げていました。

姑は祥子さんから自分の息子を取り戻すことを

必死に祈っているのか、たまに

「息子を返したまえぇ」と呟いていたのです。

以前の私ならその姿を狂気のように見ていたと思いますが、

今の私には姑の気持ちが痛いほど分かり

姑の姿を愛おしくさえ感じたのでした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活