[PR]








私と姑は同じ屋根の下で二人きりで暮らしながらも

ずっと口もきかない関係にありました。

そして一時は姑は私と主人を別れさせようと

画策までしていたのでした。

そんな姑が私に協力を求めてきたのです。

たった一人の息子を新しい浮気相手の

恐ろしい女から守るために。

それは嫁であり、妻である私にとっても

決して悪くない申し出でした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




スポンサーサイト
テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




姑は、主人がもうすぐ他の女のものになってしまうと

私に語り始めました。

「あんた、タカヒロを取り戻したければ

私と手を組みなさい。そしたら、私が何とかしてあげるから」

姑は続けてそう言い放ったのでした。

どうやら姑は、自分の息子を守るために

嫁である私と手を結びたいようだったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活




姑と久しぶりに面と向かって話をする

ことになった私は、姑がいったい私に何を

話そうと言うのか気になって仕方ありませんでした。

少なくとも姑の表情から、それはかなり

深刻なものであることだけは分かったのです。

そして姑はゆっくりと語り始めたのでした。

「アンタ、このままだとタカヒロはもう

よその女のものになってしまうよ」

それが姑の第一声だったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>








私が夕食の後片付けを終えていつものように

二階の部屋に行こうとすると、

不意に姑が近づいてきて私に話しかけてきたのです。

「ちょっと話をしない?」

私はいつもなら無視するのですが、その時はなぜか

気になってしまい、食卓で姑と二人で

話をする事になったのでした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




私と祥子さんは互いの胸の内を隠しながら

表面的には以前と変わらぬ笑顔を繕っていました。

いつか妻と浮気相手という関係で

正面からぶつかり合わなければならない

時が来る事を確信しながら。

そんな折、姑が珍しく不意に私に話しかけてきたのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活