[PR]








一緒に暮らす姑は、どうやら主人の浮気のすべてを

知っているようでした。

最近ずっと家に籠っているはずの姑が

一体どうやって主人の浮気相手まで知っているのか、

それは謎でした。

ただ、姑の独り言はだんだん

「タカヒロ、隣の女には気をつけんね」と言う

回数が増えていったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




スポンサーサイト




私が、主人の浮気相手の祥子さんに気を取られている間も、

姑の独り言は相変わらず続いていました。

「タカヒロ、目を覚まさんね」

「タカヒロ、早く家に戻ってこんね」

と呟いていた姑は、さらに新たな独り言を呟き

始めていたのでした。

「タカヒロ、隣の女には気をつけんね」

その呟きを聞いた私は、ゾッとしました。

もしかして、姑は主人が祥子さんと不倫している事を

知っているの・・・。

姑が呟く「隣の女」とは祥子さんに間違いないと

思ったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




祥子さんは私の相談に乗る振りをしながら

心の中では私を嘲笑っているに違いありませんでした。

私の主人と不倫をして、妻である私と平気で

世間話をしている彼女の事がだんだん分からなくなりました。

最初に出会った時から、彼女はこんな人だったのか、

そのことに私が気づかなかっただけなのか、

彼女はこのまま私を欺き続けるつもりなのか、

騙された振りをしながら、私は彼女の事を

観察し続けました。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活




ある日の午後、私が我が家の観察に行った後、

お隣の祥子さんを訪ねました。

祥子さんはいつものように私を気持ち良く

受け入れてくれて、二人で話をしたのです。

話の内容はほとんどが私の夫婦関係の話題でした。

私は何も気づいていない振りをして、

夫の浮気に対する悩み事を話していました。

すると、祥子さんは、

「しばらくご主人を自由に泳がせてみたら」

というのです。

それはつまり、私とアナタの旦那の関係を

邪魔しないでと言っているようなものでした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>








祥子さんは、私に我が家の観察報告を続けてくれていました。

そして彼女は、どうやら若い女性が夜に泊まりに来ていると

知らせてきたのです。

それを聞いた私は思わず呆れてしまいました。

我が家のマンションで、夜に主人と過ごしているのは

若い女性じゃなくアナタでしょ。

私が何も知らないと思っているの。

内心そう思いながらも、まだまだ彼女の嘘に

付き合う事にしたのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活