[PR]








私は、主人の浮気について姑と主人が二人して

私を騙そうとしていることに気づいていて

もう本気であることを示すために

姑からどんな命令をされても無視するように

しました。

私はあなたの召使いじゃないの。

私はもうあなたの都合のいい嫁にはならない。

そう意思表示をしたのです。

そして近々、主人が浮気相手と同棲している我が家に

強引にでも帰ろうと考えていたのでした。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




スポンサーサイト




それから私は週3の割合で日中に我が家の様子を

遠くから見に行きました。

そしてその度に我が家の郵便受けに一枚のメモを

投かんしてきたのです。

『絶対に許さないから』

メモに記す文言はいつも同じでした。

姑の家に帰ると、姑は私がいつも何処に行って

何をしているのかを気づいていたに違いありません。

もう姑は私の事を以前のように召使いの如く

こき使うことはしなくなっていました。

その代わり、得体の知れないモノを見るような目で

私の事を遠くから見つめていたのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活




私が我が家の郵便受けに投かんした一枚のメモには

『絶対に許さないから』と記してありました。

そのメモを見た主人の浮気相手、そして主人は

それを私が投かんしたことを、すぐに分かったと思います。

妻である私が浮気がまだ続いていることを知っている事実、

そして我が家に様子を見に来ている事実を

二人は思い知ったはずでした。

姑も主人からその話を聞いて、なにもかも知っている嫁の私が

これから復讐するかも知れないことを恐れ始めていたのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:結婚生活
ジャンル:結婚・家庭生活




姑の私に対する態度が少し変わり始めてきて

私は何が起きているのか、すぐに直感したのです。

私がこないだ我が家の郵便受けに投かんしたメモを

主人とその浮気相手の女性が見て、主人から

姑にもその連絡がいったに違いないのです。

これまで一方的に私だけが騙され続けてきた生活に

少しずつ亀裂が入り、主人も姑もそして主人の浮気相手も

巻き込んで、大きな波が私たちを呑みこもうとしているのを

感じました。

これからは私が姑に逆襲する時なのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>








私は我が家の郵便受けに一枚のメモを投かんすると

そのまま姑の家に戻りました。

これから何が起きるか、それは私にも分かりませんでした。

ただもうこのままではいられない、

だから今の状況を変えるしかないのだということは

分かっていました。

そして、姑に召使いのようにこき使われる日々を

過ごしていると、ある時から姑の様子が

少し変わり始めたのです。

それまで私に命令ばかりしていた姑が

召使いのように扱う事を少し躊躇するようになったのです。

※主婦日記ランキング >>


※舅・姑・小姑ランキング >>




テーマ:主婦のつぶやき
ジャンル:結婚・家庭生活